FC2ブログ

ハザールマフィアの陰謀…岩戸開き

Category王仁三郎と日月神示のひな型神劇 1/16

変貌した拝金国家日本

No image

黄金万能主義国家に変貌した拝金国家日本…ユダヤ黄金神に拝跪する伊勢の神主 GHQ高級将校のメーソン達は、日本の「精神的武装解除」を目指して、占領後すぐに神道指令(1945年12月)を出し天皇大権を支える精神文化の基盤(国家神道)を打ち砕くため国家と神道を分離させた。 またGHQは、一方において新旧キリスト教の教宣拡大を支援し、日本のキリスト教化を図ったが、入信者は1947年をピークに以後停滞することとなった。 国際政治学...

  •  0
  •  -

カゴメ紋を彫るように要請した二荒伯爵

No image

カゴメ紋を彫るように要請した二荒伯爵…メーソン人脈に連なる伯爵? この伊勢神宮関係者の矢野氏の言とは、まったく異なる「石灯籠に彫られたカゴメ紋」の由来について述べられているのが、前述した農学博士川瀬勇氏の調査による関係者の証言である。 川瀬勇氏が、石灯籠の制作者である石材会社の木藤昌宏氏にカゴメ紋等の由来を尋ねたところ「灯籠を作る時に、同氏は、まず上に菊の紋章を入れるのは良いが、中央の火袋にヒマワリ...

  •  0
  •  -

石灯籠のカゴメ紋の謎

No image

「伊勢三宮奉賛献灯会」の石灯籠のカゴメ紋の謎…伊勢神宮穪宜の証言 伊勢の石灯籠に彫られたカゴメ紋について、伊勢神宮禰宜の矢野憲一氏は、「余談になるが、この両側の石灯籠にダビデの星のようなマークが刻まれている。これがイスラエルのシンボルマークに似るのでユダヤと皇祖神がつながるとの珍説ができ、しばしば問い合わせがある。まったく関係ない。 実は天皇陛下の御成婚記念ということで昭和33年頃、全国から献灯を募っ...

  •  0
  •  -

近江より北伊勢へと祀られた御神体

No image

近江より北伊勢へと祀られた御神体…型国日本の中心地場に鎮座した黄金神「大国常立大神 金山姫神 金山彦神」の御神体は、近江を経てユダヤの黄金万能主義の神と化して北伊勢へと移動していくこととなった。 この御神体の鎮座された地は、北伊勢の「湯の山温泉駅」の東に位置する菰野町の丘であった。 御神体の鎮座地を開拓したのは、白山義高の舅にあたる武智時三郎であった。武智時三郎は、1884年1月29日、四国愛媛県の大地主の家...

  •  0
  •  -

近江へ祀られた御神体

No image

近江へ祀られた御神体…ユダヤの黄金神へと変化した神 金銀財宝を司る神の御神体は、王仁三郎の指示で終戦後に、淡路島より「近江の滋賀県甲賀群大原市場」へ祀られた。 神業を共に行っていた辻天水側の「錦之宮」には、この御神体は、淡路島の前に琵琶湖で祀られていたという伝承がある。 歴史学者の林家辰三郎は、琵琶湖を中心とした近江地方は、弥生時代より多くの渡来人の集団が、日本海ルートで裏日本に上陸し定着して豪族化し...

  •  0
  •  -