FC2ブログ

Archive2019年06月 1/3

国務省は「ナチス勢力」の出先機関.1

No image

国務省は「ナチス勢力」の出先機関.1 ペンタゴンやCIAの職員は、愛国者が多かった。実際、高潔な人格者も少なくなく、いずれは国務省と手を切り、立ち上がるだろうと考えた。個人的には2011年以降、その対立は激化すると考えていたが、その意味では、予想より遅かった。 私がペンタゴンとCAIを取材するようになったのは「9.11」の自作自演テルがきっかけだった。アメリカが、どうして世界中でむちゃくちゃな犯罪行為を繰り返しい...

  •  0
  •  -

アメリカの実態は「USAカンパニー」

No image

アメリカの実態は「USAカンパニー」 国務省とペンタゴンがアメリカという国家の2枚看板、「背広組」と「制服組」の代表と言っていい。外交と国防がアメリカという国家にとって大切な機能である。 アメリカと言う国は、「現代の東インド会社」というのが、最も実態にちかいのである。東インド会社は、植民地経営を専門に行う民間企業である。民間企業でありながら、植民地における徴税権、司法権、軍事権といった国家としての機能...

  •  0
  •  -

CIAの分裂は国務省とペンタゴンの対立

No image

CIAの分裂は国務省とペンタゴンの対立 2015年夏以降、CIAが中心となって構築した国際マフィア連合というべき「犯罪ネットワーク」に対して、CIAの内部から反発、積極的に摘発する動きがでてきた。CIAの「愛国者」が立ち上がり、「マフィア派」に対して公然と敵対行動とるようになったのだ。 CIAには二つの命令系統が存在する。一つが国務省、もう一つが国防省、ペンタゴンである。 CIAはアメリカ中央情報局という諜報機関である...

  •  0
  •  -

CIAが分裂したから山口組も分裂した  山口組の「親分」は、CIAである。

No image

CIAが分裂したから山口組も分裂した 山口組の「親分」は、CIAである。 戦後、CIAは暴力団の一部組織を非合法活動のエージェントとして雇用してきた。暴力団に「汚れ仕事」をやらせてきたわけである。また、CIAから直接エージェントを送り込んだときの「隠れ蓑」として利用したこともあろう。日本の暴力団が「マフィア」でありながら、堂々と代紋を掲げてきたのには、こうした裏事情があったからで、警察も潰したくとも潰せなかっ...

  •  0
  •  -

山口組分裂の理由を内部に求めても分からない

No image

山口組分裂の理由を内部に求めても分からない 2015年夏、どうして山口組分裂が起こったのか。 メディアが報じる権力闘争という文脈は明らかに間違っている。 この分裂は、山口組には直接、関係ないからである。分裂する気などまったくなかったのに、外部からの要因で割れざるを得なくなった。それで突然、二つに分裂してしまったというのが、正しいのである。...

  •  0
  •  -

山口組分裂がSMAP分裂の本当の裏事情

No image

山口組分裂がSMAP分裂の本当の裏事情 芸能界とヤクザ、そしてジャパンハンドラーのCIAという構図を理解すれば、その分裂の背景も見えてくる。私の情報筋によると「SMAP分裂の背景には山口組分裂があり、弘道会と神戸山口組の代理戦争だった」という。 簡単に整理すると、これまで山健組系のジャニーズ事務所と、弘道会系のSMAPで共存してきたが、山口組が分裂したことでSMAPでSMAPが移籍を画策したことになる。ところが山健組に...

  •  0
  •  -

日本版「ジミー・サヴィル事件」

No image

日本版「ジミー・サヴィル事件」一般的に芸能界と暴力団(ヤクザ)の関係は決して浅くない。ショービジネスはきれい事だけでなく、裏のビジネスが存在する。…売春とドラッグである。 テレビの画面で美しく着飾った女優たちは、高級売春婦という裏の顔をもっている。単純にパトロンの場合もあるが、政財界の裏工作にの一部としても利用されることもある。本命はこちらであろう。 欧米では未成年の少年を対象とした売春組織が摘発...

  •  0
  •  -

SMAP分裂騒動の「きな臭さ」

No image

SMAP分裂騒動の「きな臭さ」 今、私たちが生きている2016年、信じられないことが次々起こるだろう。これまでの常識が通用せず、世界は混沌となっていく。「あり得ないことなどあり得ない」という認識をもつ必要がある。 なぜなら世界は大転換を迎えているからである。しかし、新しい「時代」が到来するまで、まだまだ数多くの混乱が起こる。 「SMAP分裂騒動」である。 2016年の新年早々、「分裂騒動」が起きて日本中が大騒ぎに...

  •  0
  •  -

「プロローグ」…人類史上未曾有の経済危機

No image

プロローグ」…人類史上未曾有の経済危機二つのグラフ①オンス・バーレル指数…金1オンスでどのくらいの量の石油が買えるのか、年代ことに表している。 このグラフで注目するのは、国際的に大きな経済危機の陥ると、この数値が跳ね上がることです。 1986年 チェルノブイリ原発事故 1989年 米ソ冷戦崩壊 1994年 ラテンアメリカ債務危機 1998年 アジア通貨危機 2008年 リーマンショック そして2015年以降、急激に跳ね上が...

  •  0
  •  -

「人類は運命共同体」である。

No image

おわりに「人類は運命共同体」である。本書で扱ったニュー・エイジとは、人類が人種、国家を超えて誰もが幸せになれる世界をつくろうという「人類同盟」のことである。 本来ならば、ドナルド・トランプのアメリカ大統領就任は、この「ニュー・エイジ革命」を加速させるはずだった。就任当初のトランプもその意欲に燃えていた。 ダークサイド(旧体制)が作り上げた「世界」は、一部の特権階級が大多数の人々を「奴隷」のように管...

  •  0
  •  -