FC2ブログ

Archive2019年11月 1/3

第三次世界大戦による終末審判

No image

王仁三郎の予言したユダヤとアラブの宗教戦争…第三次世界大戦による終末審判 王仁三郎は、第二次大本事件の始まる一九三五年頃、大本の神業を依属した白山義高に対し、次のように予言した。「現代は加速度的に、一途に世界は破局に進んでいく。如何なる理由を持たせるにせよ、戦争は戦争へと、全世界は戦場化して、神定の世の終末の審判が始まる。どうした機会で戦争が収拾されるかは、ユダヤと日本の完全な提携にによることは、既...

  •  0
  •  -

日本の立替え

No image

日本の立替え…『霊界物語』が告げる迫り来る共産革命 王仁三郎は、弥勒の世の到来(「弥勒最勝妙如来」の出現)を予言する際、『霊界物語』に示された「復活祭」、「擬俠心」、「衡平運動」の章を呈示していることより、「今度来る時代」をこれらの章を組み合わせて推察することとしたい。 今度世界は、神の大祓跋を受けあらゆる地獄絵図(創造的大破壊)を経験しつつ大完成の時代へ入って行くこととなる。『霊界物語』に登場する革命...

  •  0
  •  -

日本立替えに序章

No image

日本立替えに序章…拝金国家日本の資本主義大崩壊と第三次世界大戦 大東亜戦争の最中の一九四四年六月、保釈をうけていた王仁三郎は、中矢田農園内の一室で信者に次のように告げたという。「よく聞け、わしは愛をもって平和な世界を作るために生まれたのではない。剣をもって裁きに来たんだぞ」と言って、側近の森良仁氏に『霊界物語』第六十四巻(下)第1章「復活祭」の聖キリストの復活祭における司教テルブソンの演説を読ませた。 ...

  •  0
  •  -

イルミナティの千年王国運動

No image

イルミナティの千年王国運動…ヨハネ黙示録の終末論がもたらす「魔性の力」 二〇〇九年六月イルミナティの現役幹部と称するレオ・ザガミなる人物が、来日しジャーナリストのベンジャミン・フルフォードと対談した。 このザガミは、イタリア貴族の血を引きその家系は諜報機関の一員であったと述べており、一応日本の外事警察の調査報告したメーソン幹部の要件を満たしてはいる。ザガミは、同対談でイルミナティの世界最終戦争プラン...

  •  0
  •  -

「新マヤ族千年王国思想」

No image

「新マヤ族千年王国思想」…マヤ歴「二〇一二年」を利用した洗脳計画 マヤ歴の終わる二〇一二年12月二十二日に、地球や人類は一段と進化し、これまでの地球文明が崩壊し、人類はまったく新しい意識を覚醒させる時代を迎えるという「新マヤ族千年王国思想」とも言うべき思想が流布されて来た。 一時、この「新マヤ族千年王国思想」は、宇宙にフォトン・ベルトなる天体現象が存在し、地球に宇宙的大変動を引き起こすとする説とともに...

  •  0
  •  -

大恐慌により没落する米国

No image

「二〇一二年」世界覇権は米国の手を離れる…大恐慌により没落する米国 王仁三郎は、大東亜戦争の最中の一九四二年に、「ユダがしばらく世界を統一する。それから〇〇の番だ」(『新月の光』)と予言したが、実質的に十九世紀~二十世紀の世界は、ロスチャイルド家、ロックフェラー家により牛耳られ、支配されてきた。「副島国家戦略研究所」を主宰する副島隆彦氏は、日米の政界・シンクタンクに独自の情報源をもち、これまで国際政...

  •  0
  •  -

拝金国家「亜米利加屋」の崩壊

No image

拝金国家「亜米利加屋」の崩壊…三千世界立替えの鐘を打ち鳴らす米国 王仁三郎は、『霊界物語』(第五二巻十七章)の中で、金銭崇拝狂の強欲な爺さんが、経営する飴屋(「亜米利加屋=米国」)の本質は、霊界(中有界)レベルまで拝金思想を流布する拝金国家であるとしている。 そして、この「亜米利加屋=米国」が、金融商品でぼろ儲けした挙げ句、やがて崩壊を来たし世界の立替(創造的破壊)が、進行していくことを卑近で簡明な...

  •  0
  •  -

拝金国家と化した日本

No image

拝金国家と化した日本…金権の魔力に憑依された日本 馬野氏が、米国支配層の「日米経済・政治統合すなわち日本再占領計略」を警告して以来約20年が過ぎた。小泉内閣の5年5カ月にわたる極端な米国追従主義により、彼等の「日本再占領計略」は9分9厘目的を達していたと言える。 2008年2月日本は外貨準備高は、1兆ドルを超え。その約8割は、米国債の購入に当てられ米国の赤字財政を支えて来た。霊的世界観から言うなら現代の日本社会は...

  •  0
  •  -

拝金宗国家日本の誕生と崩壊

No image

日本に寄生した拝金宗…「亜米利加屋」が画策した日本の米国化 馬野周二氏(元ニューヨーク工科大学の教授)は、工学博士であるが、同時に国際秘密力の研究家でもあった。 その馬野氏は、一九八七年の時点で米国の権力中枢に奥深く巣くう組織体が、戦後四二年を経て経済大国となりすぎた日本を再占領すべく日本改造計画に乗り出したことを警告していた。 馬野氏が注目したのは、千九百八十九年四月二十八日「ニューヨーク・タイムズ...

  •  0
  •  -

米国の雛形国家日本の立替え

No image

世界の型国日本の相克劇…米国の雛形国家日本の立替え この地上世界は、次元を超えた世界から放たれる魔の憑依力により優勝劣敗・弱肉強食の原理に呪縛された獣の世に成り果てている。 この地上世界では、メーソンやイルミナティ等と称される集団結社が、米国の最高権力集団に寄生し米国を使役して世界の政治経済の動向を左右して来た。 そして、このメーソン国家米国が、雛形経綸において大日本帝国を崩壊させる役割を負ったのであ...

  •  0
  •  -