FC2ブログ

Archive2019年12月 1/4

右翼革命の悪夢

No image

王仁三郎の「ワシントン海軍軍縮条約廃止運動」…右翼革命の悪夢『大本70年史』によると満州事変の当時、満州独立国をつくるため共和制国家建国派と宣統帝溥儀(清朝最後の皇帝)擁立の清朝復辟派が拮抗していたが、復辟派の中心人物は、ほとんどが世界紅卍会員であり、人類愛善会関係者達であったと記している。 満蒙に宣統帝溥儀を擁立し独立国を建国しようとしていたグループのほとんどは、道院・世界紅卍会員であり、その会員は王...

  •  0
  •  -

欧州協調派の奥の院

No image

欧州協調派の奥の院…ワシントン体制派はメーソンの高位階級員.2 アメリカが1921年に会議を設定したのは、日本の中国進出を支える日英同盟が満期になる年に着目して、これ廃棄させて東アジアにおける新たな列強の利権確保を意図したものであろう。 ワシントン会議のアメリカ代表ヒューズ国務長官は、ロックフェラーのスタンダード石油の顧問弁護士であり、イギリス代表のバルフォア卿は、ロスチャイルドの代理人にしてシオニストで...

  •  0
  •  -

ワシントン体制派はメーソンの高位階級員

No image

欧州協調派の奥の院…ワシントン体制派はメーソンの高位階級員.2 アメリカが1921年に会議を設定したのは、日本の中国進出を支える日英同盟が満期になる年に着目して、これ廃棄させて東アジアにおける新たな列強の利権確保を意図したものであろう。 ワシントン会議のアメリカ代表ヒューズ国務長官は、ロックフェラーのスタンダード石油の顧問弁護士であり、イギリス代表のバルフォア卿は、ロスチャイルドの代理人にしてシオニストで...

  •  0
  •  -

欧州協調派の奥の院

No image

欧州協調派の奥の院…ワシントン体制派はメーソンの高位階級員 王仁三郎が、皇道大本の全勢力を結集し、軍人・右翼たの国粋主義者と連携して、ロンドン条約、ワシントン条約反対派に位置したということは、第一次世界大戦後の国際金融資本家等の進めて東アジア・太平洋地域の国際秩序であるワシントン体制(世界支配戦略路線)に異議を唱えたこととなる。 そもそもワシントン体制の本質は、欧米諸国の支配者層が、中国大陸における彼...

  •  0
  •  -

神国日本VSフリーメイソン.2

No image

皇道大本の反フリーメイソン運動…神国日本VSフリーメイソン.2一、日本の非常時大国難の真相は、欧米列強よりもフリーメーソンの魔の手である。「現在日本に在住してゐる猶太人は1千名に過ぎませんが、政界、学会、財界、或は思想界、映画界の有力者が多く、その後ろには全世界の猶太人が控えてゐるのです。加えるに彼等の金権に糸を引く財閥があり、彼等の政治、民政乃至議会中心主義、天皇機関説を謳歌する学閥があり政党があり大...

  •  0
  •  -

神国日本VSフリーメイソン.1

No image

皇道大本の反フリーメイソン運動…神国日本VSフリーメイソン.1 王仁三郎率いる昭和神聖会の神聖運動の一つに反フリーメーソン運動がある。皇道大本の反フリーメーソン運動のピークは、国家権力による大本の徹底的弾圧(第二次大本事件)を迎える1935年である。 この小冊子の中で、フリーメイソンとは、ユダヤの世界政略を謀る秘密結社と定義付けられている。そして、彼等は世界統一を果たすため様々な謀略、陰謀をめぐらせて各国の政...

  •  0
  •  -

「上海マッソン中央委員会の反日満工作」.2

No image

中国大陸の上海に拠点を置くマッソン…「上海マッソン中央委員会の反日満工作」.2 しかし、日本陸軍当局は、ドイツ大統領ヒットラー(1933年1月ヒットラー内閣成立)の反ユダヤ主義に迎合して、極東ユダヤの満州投資計画を締め出した。 このため、1935年には、英系ユダヤ資本は蔣政府の幣制改革を支援してこの改革を成功させ、蒋介石の中国統一を後押しした。関東軍の、華北地方の「第二満州構想」は、英米ユダヤ資本の後押しによる中...

  •  0
  •  -

「上海マッソン中央委員会の反日満工作」.1

No image

中国大陸の上海に拠点を置くマッソン…「上海マッソン中央委員会の反日満工作」.1 第二次大本事件の有った時期、日本の外事警察は、中国大陸における国際情勢の動向に大きな影響力を行使していた、国際金融機関とメーソンの活動を追跡していた。『外事警察概況』(昭和11年報告)には、「最近に於ける世界マッソンの動向は、反日満的傾向にあり、就中英、米、仏の各支部に於いては、南京政府の反日政策、蘇支関係に行為を有し各種の策...

  •  0
  •  -

宗教弾圧の背後に蠢く魔手

No image

日本の近代史上最大の宗教弾圧を指令した「奥の院」 1935(昭和十)年12月8日、国家権力による日本の近代史上最大の宗教弾圧事件が起こった。国家権力は、何者かに突き動かされたかのような異様な弾圧を発揮して、大本教を弾圧した。この弾圧により大本教の綾部・亀岡両聖地で破却された建物64点240余棟、破却に要した期間約1カ月、破却従事者は9934人ののぼった。また、本部の破却に続き地方の別院の建物・分院・支部の祭壇・用具そ...

  •  0
  •  -

「ユダヤ陰謀論」とメーソン

No image

「ユダヤ陰謀論」とメーソン…世界的大事件の背後に潜むユダヤの影 メーソンは、陰謀の一部が露呈すると、すべて「ユダヤ陰謀論」を隠れ蓑にその実態を覆い隠すという説があり、メーソンの世界戦略が、即ユダヤの世界支配に通じるほど単純なものでもなくその実態は諸説があり定かではない。 フリーメイソンの日本グランド・ロッジの広報責任者片桐氏は、岩上安身(ノンフィクション作家)の取材に対し、「フリーメイソンリーのなかに...

  •  0
  •  -