FC2ブログ

Archive2021年01月 1/2

カリフォルニアが離脱? 全米各州の独立運動が加速①

No image

プエルトリコ、ハワイの独立運動に触発されて、全米各州の独立運動が加速する可能性もある。アメリカの各州で独立運動が起こっていることは日本にはあまり伝わってこないので「まさか」と思う人も多いだろうが、実は国際社会でもすでに認知されていることだ。例えば欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、トランプがイギリスのEU離脱を支持したことを受けて、「If he goes on like that I am going to promote the inde...

  •  0
  •  -

ハワイがアメリカから独立する日③

No image

ハワイがアメリカになる前、そこにはもともとハワイ原住民たちの王国があった。その存在は国際的にも認知されていたが、19世紀に移民のアメリカ人が勝手に「ハワイ共和国」という名の新政府を設立した。そのときの中心人物の一人が、サンフォード・ドール。バナナとパイナップルで有名なあのDole(ドール)を展開した一族である。ドールはハワイ共和国大統領となり、その後アメリカに「ハワイ準州」として併合された際も初代知事とな...

  •  0
  •  -

ハワイがアメリカから独立する日②

No image

この戦いに勝利したアメリカは、キューバとプエルトリコの支配権をスペインから奪っただけでなく、どさくさ紛れにフィリピンとグアムなど、それまでスペインが持っていた植民地までも手に入れてしまう。アメリカの太平洋での覇権を決定づけた戦争でもあった。ただ、キューバとプエルトリコからすれば、スペイン支配がアメリカ支配に変わっただけだった。プエルトリコはアメリカ自治領となり、1902年に独立を果たしたキューバも実質...

  •  0
  •  -

ハワイがアメリカから独立する日①

No image

プエルトリコの破綻で現実味を帯びてくるのが、ハワイの独立だ。カリブ海のプエルトリコと、太平洋のハワイ。同じアメリカとはいえ、およそ9000キロ、時差にして6時間も離れた二つの地域が、いったいどのように連動するというのか。 プエルトリコの破綻手続きを前にした2017年4月のある日、プエルトリコ人たちが同じカリブの島国、キューバに集結していた。今から半世紀以上も前、1961年に起こった「ピッグス湾事件」でのキューバ...

  •  0
  •  -

プエルトリコ破綻でアメリカ倒産もカウントダウン②

No image

プエルトリコのデフォルト時点での債務支払い能力は、年間で8億ドル程度にまで下がっていた。これは年間の支払い義務のわずか25%しかない。ここまで絶望的状況になりながらもデフォルトの手続きがなかなか進まなかったのは、特殊な管理体制にある。一足先にデフォルトしたデトロイト市は、アメリカ政府から独立した地位を持つ州の管轄下にあったが、自治領であるプエルトリコはアメリカ大統領が元首であり、ワシントンD.C.が直接...

  •  0
  •  -

プエルトリコ破綻でアメリカ倒産もカウントダウン①

No image

2017年5月3日、アメリカの自治領であるプエルトリコが破綻手続きに入った。すべに2年前にデフォルトを宣言していたプエルトリコの債務は740億ドル。これは2013年に財政破綻したデトロイト市の約4倍にも上る額だ。 カリブ海に浮かぶ小さな島、プエルトリコは、面積でいえば日本の鹿児島県ほどの大きさしかない。そこに暮らすのはおよそ350万の人々。亜熱帯の温暖な気候に恵まれ、サトウキビやコーヒー、パイナップルなどの栽培が盛...

  •  0
  •  -

株価の「史上最高値」にだまされるな!④

No image

各銀行は「黙ってお金を取られるくらいなら」と、民間企業への融資を積極的に行なうようになる。それより民間企業が新しい事業を始めるようになるので、経済全体が活発になるというのが、この政策の表向きの狙いだ。 しかし実際にはそうなっていない。賃金は上がらない。年金は事実上破綻している。物価だけが上昇している。そんな中で若者が夢や将来設計を描くことなどできるわけもなく、結婚もできない、子供を持つこともできな...

  •  0
  •  -

株価の「史上最高値」にだまされるな!③

No image

ではそのFRBを牛耳っているのは誰かという話は後述するとして、ここではその新しく刷られたドルが向かった先に注目してもらいたい。 FRBが金融政策として新たに刷ったドルは結局、一般市民の手には渡らなかった。貧困層が増えているのがその証拠だ。では紙幣はどこに向かったのかというと、株式市場や債券市場である。つまり株や債券を持っている者だけが儲かったのが、量的緩和政策だったというわけである。知識のない一般市民は...

  •  0
  •  -

株価の「史上最高値」にだまされるな!②

No image

では誰がどのようにして、株高を演出しているのか。 その「首謀者」はすでに明らかになっている。欧米、そして日本の中央銀行である。 中央銀行とは、国、あるいは地域の金融機関の中枢に位置する銀行で、一般な銀行とは役割が異なる。一般的にその役割は三つあるとされている。①通貨発行権を行使し、通貨を発行すること。②「銀行の銀行」として、民間の銀行にお金を貸したり、民間の銀行からお金を預かったりすること。③「政府の...

  •  0
  •  -

株価の「史上最高値」にだまされるな!①

No image

2017年6月19日、アメリカのダウ平均(ダウ工業株30種平均)が過去最高値となる2万1528ドル99セントを記録した。株価を目安に景気観測をする人たちは、「アメリカ経済はまだまだ強い」「トランプのおかげで好景気が訪れた」と思ったに違いない。同年6月には、日本でも日経平均株価が1年半ぶりに2万円台を回復していた。やはりというべきか、日本の景気が上向いていると浮かれたメディアは少なくなかったようだ。 しかし私は以前からメ...

  •  0
  •  -