FC2ブログ

ドルという「紙くず」で金融覇権を握ったアメリカ③

0 Comments
mistoshi
なぜこういうことになってしまったのか。
そもそもどうしてFRBが米ドル紙幣を発行できるかというと、その価値を保証するだけの何か価値のあるものを持っているからである。1ドル紙幣を発行するなら、1ドルの価値のあるもの、つまり1ドル紙幣と交換できる金がないといけない。しかしFRBは、自分たちが持っている金の量をはるかに超えるドルを刷り続けてしまった。もちろん、彼らがそれを認めることはないが、天文学的数字にまで膨れ上がった米ドルの総量を考えると、彼らは数百万トンの金を持っていないといけない計算になる。米ドルの価値が揺らいでいる今、彼らは金があることを証明しなければならないが、それは到底無理なことだろう。なぜなら人類が有史以来発掘してきた金の総量は、約14万トンしかないからだ。それでも彼らはその何十倍もの金を「裏で隠し持っている」と見え透いた嘘をついている。このことに関しては、私もかつて世界中を飛び回って取材したことがある。「アメリカはちゃんと金を持っている」と主張する関係者に何度もしつこく当たってみたが、誰一人として金の保有を証明することはできなかった。実際に数百万トンの金を肉眼で見れば私も信じただろうが、実物どころか証拠となる写真すら見せてくれなかった。
スポンサーサイト



mistoshi
Posted bymistoshi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply