FC2ブログ

「地球温暖化」というデマで稼ぐ環境ビジネス②

0 Comments
mistoshi
おかしいと思わないだろうか。家庭のゴミ捨ての話で例えてみよう。
金持ちの大きな家庭はゴミが多く出るはずだから、たくさん捨ててもよい。一方、貧乏で小さな家庭はゴミがたいして出ないはずだから、少ししか捨てられない。つまり、家庭(国)の規模で捨てられるゴミ(温室効果ガス)の量が勝手に規制され、その規定量が権利(排出権)として割り振られたようなものだ。もし、規定量を超えるゴミを捨てたいのなら、金持ちの大きな家庭から規定量の権利を買いなさい。逆に捨てるゴミが少なかったら余った分の規定量の権利を売ってお金にしなさい。そんなゴミ捨てのルールができてしまった。
このように規制が権利になったことで、温室効果ガスの排出権を国や企業がお金で取り引きするようになった。これこそまさに、ハザールマフィアが得意とする錬金術である。アメリカのFRBが金(ゴールド)を持たずに米ドル札を刷り続けているのも、無から価値を生み出す錬金術。温室効果ガスの排出権も、もともと何の価値もないものにそれらしい理屈で価値があるように思わせているのだ。
スポンサーサイト



mistoshi
Posted bymistoshi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply