FC2ブログ

変貌した拝金国家日本

0 Comments
mistoshi
黄金万能主義国家に変貌した拝金国家日本…ユダヤ黄金神に拝跪する伊勢の神主
GHQ高級将校のメーソン達は、日本の「精神的武装解除」を目指して、占領後すぐに神道指令(1945年12月)を出し天皇大権を支える精神文化の基盤(国家神道)を打ち砕くため国家と神道を分離させた。
またGHQは、一方において新旧キリスト教の教宣拡大を支援し、日本のキリスト教化を図ったが、入信者は1947年をピークに以後停滞することとなった。
国際政治学者ノ西鋭夫氏は、GHQの宗教政策について「GHQは、神道の隠れた力について強い関心を示した。神道こそ日本の凄まじい戦闘精神を駆り立てた神秘的な力があると信じたからだ。GHQの民間情報教育局(CIE)の宗教部は、神道を広範に調査し、分厚い報告書を幾つも作成した」(『国破れてマッカーサー』)と述べている。
彼等は、国家神道に頂点に立っていた伊勢神宮についても重点的・精力的に調査したことは想像に難くない。
彼等は、伊勢神宮にまつわる歴史の古層(元伊勢)をも掘り起こしたことであろう。そして、日本に明治後期・大正・昭和初期より起こっていた「日ユ同祖論」も知っていたことであろう。
「日ユ同祖論」の要点を簡潔にまとめると「日本皇室の源流はユダヤ人」、「日本の神道の源流はユダヤ教」となる。
伊勢石灯籠もこの二つの位相を重畳的に織り込まれているのであろう。
GHQ高級将校のメーソン達は、占領政策の置き土産に、「日ユ同祖論」を利用して、伊勢神宮外宮から内宮へ道筋に石灯籠のカゴメ紋を植え付け、そして奥宮の伊雑宮のカゴメ紋伝承を加え、伊勢神宮にまつわるユダヤの紋の伝承伝説が引き継がれることを意図していたのであろう。
彼等の足跡を隠すためこの石灯籠を占領時代に建立しなかったことこそ彼等の狡猾さの一つの証左であろう。
さらに石灯籠のもう一つのヒマワリ紋が、ヘロデ大王の紋を想定して彫り込んだのであれば、彼等は伊勢神宮をユダヤのエルサレム神殿とする新たなる「日ユ同祖論」を生み出さんとしていたこととなる。
GHQ高級将校(メーソン)らは、伊勢神宮の祭神アマテラス大神=ユダヤ神の等式にどのような思惑を込めていたのであろうか?
古代メーソンリーは、ユダヤ教を護持する秘密結社であり、ユダヤ教を死守するために「秘密力」により宗教戦争を展開する結社であったことを忘れてはならない。
しかし、彼等の意図とは全く別に、伊勢カゴメ紋の石灯籠は、岡本天明等により米国主導の金融資本主義崩壊(ユダヤ崩壊)の雛形経綸の舞台装置として利用されていたのである。
スポンサーサイト



mistoshi
Posted bymistoshi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply